引越し長距離が得意な業者とかかる日数。単身でおすすめな相場

長距離引越しが得意な業者

引越し業者の中には短距離での引越しが得意だという業者や、逆に長距離での引越しを得意とするところまで様々です。

 

転勤などで現在住んでいる住所から、遠く離れた場所に引越しをするといった場合、引越し業者に依頼して引越しを行うことを検討しているのであれば、なるべく長距離引越しを得意とした引越し業者を選ぶことで、料金的にも安く済ませることができるでしょう。

 

ここではそんな長距離引越しに向いているようなおすすめの業者や、長距離引越しにかかる日数、超距離引越しをするうえで把握しておきたい相場などについてご紹介していきます。

長距離引越しが得意な業者

長距離引越しが得意な業者

長距離引越しをするうえでは、長距離引越しに向いているような引越し業者を選ぶのが望ましいわけですが、そうした業者というのは具体的にはどのようなところがあげられるのでしょうか。

 

端的に言えば長距離引越しを得意とする業者は、地域密着型の中小企業の業者よりも大手の引越し業者になります。

 

理由としては大手の引越し業者の場合は、全国展開しており配送拠点が多く運送ネットワークがあることから、地方の中小企業の引越し業者に比べても遠距離における引越しであれば料金的にも割安になったりします。

 

つまり長距離引越しの場合は、なるべく大手の引越し業者に依頼するほうが良いでしょう。

 

大手の引越し業者の中でも特に長距離引越しに向いているような、口コミでも評判が良い業者としては具体的に言うと以下のようなところがあります。

 

引越し業者 プラン名 利用料金(家族3人での目安金額) 備考
アリさんマークの引越し社 長距離エコリーズナブルパック 10~20万円 3つのプランから選べるのである程度融通が利く
ZERO1引越しセンター 長距離プラン 50000円~ 10分間おもてなしサービスあり
カルガモ引越しセンター 全国引越しプラン 10~20万円 主に首都圏からの遠距離引越し向け
ハトのマークの引越センター 青春引越し便 13~19万円 遠距離向きプランだと小鳩スカイパックもあるが、航空機による輸送になるので配送場所が限定される
引越しのプロロ フリータイムパック(最安プラン) 15万円前後 北海道・東北・関東・甲信越限定

 

その他家族での引越しの場合でも荷物の量がかなり少ない場合は、引越し先まで小型の家財などの荷物を車などに乗せて移動させつつ、大型の家財は日本通運の単身パックXを利用して別途運ぶと、利用料金も5~10万円程度で済みます。

単身の場合の長距離引越しが得意な業者一覧

単身の場合の長距離引越しが得意な業者一覧

単身での長距離引越しの場合は、以下のような引越し業者・プランがおすすめです。

 

引越し業者 プラン名 利用料金(目安) 備考
ヤマトホームコンビニエンス 単身引越しサービス 24000円~48500円 コンテナボックスサイズは横104cm、奥行104cm、高さ170cm、

miniの場合で横104cm、奥行104cm、高さ130cm

日本通運 単身パックS/L/X S/L :25000円~50000円

X:5~10万円

コンテナボックスサイズはSが横108cm、奥行74cm、高さ155cm、

Lが横108cm、奥行104cm、高さ175cm

Xが横2.279m×奥行1.649m×高さ1.989m

ハトのマークの引越センター 小鳩パック 20000円~45000円 輸送時に使用される専用BOXに入る荷物の例:

冷蔵庫(2ドア・120リットル):1台

テレビ(小):1台

ビデオデッキ:1台

ミニコンポ:1台

衣装ケース(小):1台

 

荷物の量が少ない場合は、上記のような引越し業者・プランがリーズナブルでおすすめです。

単身でも荷物の量が多めの場合は、上で紹介した長距離引越しを得意とした引越し業者に依頼してもらうと、料金的にもお得で良さげです。

長距離引越しにかかる日数

長距離引越しにかかる日数

例えば東京から長距離引越しを行う場合で、最も一般的な輸送方法であるトラックチャーター便で運ぶ場合にかかる日数としては以下のようになります。

目的地 移動距離(目安) 所要時間(目安)
東京→名古屋、新潟、仙台 300km 1日
東京→大阪 500km 2日
東京→広島、青森 800km 2~3日
東京→福岡、札幌 1000km 3日~

 

トラックチャーター便は長距離引越しにおける輸送手段の中でも一番速くなります。

その他コンテナ便などに関しては利用料金が割安にはなるものの、トラックチャーター便よりも荷物が届くまでに日数がかかります。

長距離引越し費用と相場

長距離引越し費用と相場

 

長距離引越しにかかる費用は、引越しする際の荷物の量や移動距離・その時のタイミングにもよりますが、大まかには以下の通りです。

 

長距離引越しを単身で行う場合にかかる料金

長距離引越しを単身で行う場合にかかる料金

 

費用の相場
通常期(5月~2月) 繁忙期(3月~4月)
遠距離(300km程度) 超遠距離(500km以上) 遠距離(300km程度) 超遠距離(500km以上)
53000円 61000円 91000円 111000円

 

このように単身での長距離引越しでは、大体10万円~20万円がおおよその相場となります。

単身引越しの場合は家族での引越しに比べても荷物の量が少なくて済むので、利用料金も家族引越しに比べ安くなります。

長距離引越しを家族で行う場合にかかる料金

長距離引越しを家族で行う場合にかかる料金

家族の人数 費用の相場
通常期(5月~2月) 繁忙期(3月~4月)
遠距離(300km程度) 超遠距離(500km以上) 遠距離(300km程度) 超遠距離(500km以上)
2人 103000円 152000円 137000円 200000円
3人 136000円 185000円 176000円 265000円
4人 171000円 228000円 231000円 298000円
5人 229000円 330000円 314000円 370000円

 

家族での引越しの場合は、10万円~40万円程度が相場となります。

単身の場合よりも荷物の量が多めになりますし、移動距離も長くなるので、引越し料金もやはりその分高めになりますね。

長距離引越しの流れとスケジュール

長距離引越しの流れとスケジュール

長距離引越しを行う上で重要になってくるのが、その引越しの一連の流れを把握して、具体的にスケジュールを立てておくということです。

 

引越し先が遠距離ではなく近距離である場合は、その日のうちに引越しが終わることがほとんどなので、あらかじめ予定の計画を立てておかなくても特に問題はありません。

 

しかしながら長距離引越しの場合は、その引越しを行う当日中に終わることは基本的になく、どこかで宿泊をする必要性がでてきます。

 

この時に事前に予約などは一切していない状態であれば、その時の時間帯や場所などによっては泊まれるところが全くなくまともに休めないといったことも考えられます。

 

このようなことが起こらないようにするためにも、引越しの最中にどういった日程でどこの宿泊施設に泊まるべきかを前もって考えておいて、必要ならば宿泊施設で予約を入れておくなりしておかなければなりません。

 

このようなことから長距離引越しの場合は、引越し当日前にスケジュールを立てておくことが大切になってきます。

 

スケジュールの立て方としては、引越し先までの移動にかかる日数などにより微妙に変わっていきますが、あまり無理なく時間的にある程度ゆとりを持って引越しを進められるような予定で組んでいくとよいでしょう。

長距離引越しでの輸送プランの違いは?

長距離引越しでの輸送プランの違いは?

長距離引越しをする際には色々な輸送方法がありますが、大まかには「混在便」「チャーター便」「コンテナ便」があって、 それぞれに一長一短があります。

混載便と荷物の積載量

混載便と荷物の積載量

混在便というのは自分や自分たちの荷物だけでなく、他の利用者の荷物も一緒に詰め込んで運ぶという輸送プランです。

複数人の荷物をまとめて運ぶことになるので、業者側としてはその分ドライバーの人件費やガソリン代・交通費などのコストを削減できることから、料金も安く利用することができます。

 

ただし他人の荷物も一緒に輸送するという形になることから、希望するほかの利用者すべての荷物がトラックに積み込まれるまで待たなければならないので、運送され始めるのに時間がかかりますし、荷物の到着日時も自分で指定することができません。

 

また他に混載便を利用する客がいなければ利用できないといったことも考えられますし、他人の荷物と混同することにより荷物が紛失したりすることもあったりするのもネックです。

 

混載便のある引越し業者とその積載量の一例は以下の通りです。

引越し業者名 積載量
ヤマトホームコンビニエンス 単身引越しサービス:横104cm、奥行104cm、高さ170cm、

単身引越しサービスmini:場合で横104cm、奥行104cm、高さ130cm

単身引越しジャストサービス:横200cm、奥行200cm、高さ200cm

日本通運 単身パックS:横108cm、奥行74cm、高さ155cm、

単身パックL:横108cm、奥行104cm、高さ175cm

単身パックX:横2.279m×奥行1.649m×高さ1.989m

 

積載量に関しては各業者・プランによって変わってきます。

BOXを増やせば多くの荷物も運べるようになりますが、その分料金も高くつきます。

チャーター便と荷物の積載量

チャーター便と荷物の積載量

チャーター便は混載便のように、他人の荷物も積むということはなく、自分(自分たち)だけの荷物を寄り道することなく新居へ直接届けてくれるような輸送プランです。

 

この場合は自分で日時指定が可能で、他の利用者の荷物の積み見込みを待つ必要もないので、すぐに輸送できますし荷物の到着も早いです。

 

その反面混載便よりもガソリン代や人件費などでコストが高くつく分、利用料金も割高になります。

 

チャーター便のある引越し業者とその積載量の一例は以下の通りです。

 

引越し業者名 積載量
日本通運 日通ミニトラパック:高さ2.2m、横1.36m、奥行1.89m
サカイ引越センター 非公表(2トントラックの積載量が目安)
アート引越センター 非公表(2トントラックの積載量が目安)
アリさんマークの引越社 非公表(2トントラックの積載量が目安)

 

チャーター便の積載量に関しては、具体的に公表されていないところもありますが、大体2トントラック相当の輸送となるようで、具体的には高さ2.95、横1.90m、奥行3.11m程度のものか、場合によってはこれよりも大きなトラックでの輸送となります。

コンテナ便と荷物の積載量について

コンテナ便と荷物の積載量について

コンテナ便はJR貨物を使って荷物を移動させるという輸送プランです。

トラックを使わなくて済む分、ドライバーの人件費やガソリン代といったコストが削減されるので、これも利用料金が非常に安くなるのがメリットです。

しかし自分たちの荷物以外の荷物も一緒に運ぶことになるので、そうした荷物が揃わなければ貨物列車自体も出発しませんし、途中で荷物の積み下ろしが行われるので、荷物が届くまでにある程度の日数がかかってしまいます。

 

JR貨物で取り扱われるコンテナは以下のようなものがあります。

コンテナの種類 積載量
12フィートコンテナ (長さ) 3,647 × (幅) 2,275×(高さ) 2,252
20フィートコンテナ (長さ) 6,007 × (幅) 2,328 × (高さ) 2,178
31フィートコンテナ (長さ) 9,245×(幅) 2,350 × (高さ) 2,210

レンタカーや車を使い自分で長距離引越しを行う事はおすすめしない理由

レンタカーや車を使い自分で長距離引越しを行う事はおすすめしない理由

長距離引越しを行う場合は引越し業者に依頼する他にも、ハイエースやトラックをレンタルするなどして自力で行うやり方もあります。

 

自力で超距離引越しを行う場合は、ガソリン代や高速料金、車両をレンタルする際はそのレンタル料などがかかってはくるものの、基本的に引越し業者に依頼する場合と比べても費用を抑えることができます。

 

しかしその反面自力で超距離引越しを行う場合は、主に労力がかかるということや荷物の破損のリスク、家屋の損傷のリスクがあるといいったデメリットがあります。

長距離引越しを自力で行うデメリット①労力がかかる

長距離引越しを自力で行うデメリット①労力がかかる

自力で超距離引越しを行う場合のデメリットとしてまず挙げられるのが、とにかく労力がかかるということです。

 

まずレンタカーを使って長距離引越しを行うのであれば、引越しを行う際の移動させる荷物の量に応じた適切な車種を考える必要性がありますし、わざわざレンタカーを手配しなければなりません。

また荷物に関しても自力で積み込み・運搬を行わなければなりませんし、荷物の破損や水濡れを防ぐためにも、その梱包の仕方や置き方に気を配らなければなりません。

 

例えば置き方に関しては冷蔵庫や洗濯機など大型家電の場合は、横に傾けて置くのではなく垂直のまま置かないと、移動中の揺れなどが原因で内部の部品が壊れてしまう恐れがあります。

 

そして移動中の揺れによる荷物の損傷を防ぐためにも、梱包に気を付けたりロープで固定するなどする必要があります。

 

引越し業者に勤務していた経験があり、こうした荷物の積み込みや運搬をスムーズにできる自信があればよいですが、そうでないような場合は、こうした荷物の積み込み方などに対して事前に把握しておかなければなりませんし、実際に持ち運ぶにも時間や労力が要ります。

 

このように長距離引越しを自力で行う場合は、引越しにかかる料金が抑えられるのはいいものの、かなり面倒になってきてしまします。

長距離引越しを自力で行うデメリット②荷物の破損・家屋の損傷によるリスクがある

長距離引越しを自力で行うデメリット②荷物の破損・家屋の損傷によるリスクがある

上でも説明した通り、荷物を運ぶ際はその置き方や梱包の仕方などに気を付けておかないと、運搬中に荷物が破損してしまう危険性があります。

 

引越し業者に依頼する場合であれば、専門の用具を用いたプロに行ってもらえるので、運搬中に落下させるなどして荷物がダメージを受ける可能性も低いでしょうし、万が一荷物の破損などがあった場合は補償が利くので何かと安心です。

 

しかし自力で運ぶ場合は運搬に必要となる器具を取り揃えていなければ、持ち運ぶ際にもトラブルが起こりやすいですし、落下させたり誤って壁にぶつけたりなどすれば家屋が損傷してしまうこともあったりします。

 

家屋が傷ついてしまった場合は、荷物と同様に自力だと補償もないので高い賠償金をそのまま支払わなければなりません。

 

手伝ってくれる友人・知人が引越し業者に勤めているような経験があり、必要な道具なども取り揃えられているというのであれば心強いですが、そうでない場合は荷物や家屋を損傷させてしまう危険性があったりと何かとリスクが付きまといます。

 

このように自力で長距離引越し行うのは確かに基本的に料金的にはお得になりますが、こうしたデメリットがあることから、いくら安く済むといっても後々後悔することも十分ありえるので、あまりおすすめできません。

引越し業者の長距離プランを利用しよう

引越し業者の長距離プランを利用しよう

以上のようなことから長距離引越しの場合は、自分や手伝ってくれる友人・知人が引越しのプロだというのでなければ、基本的に自力でやるよりも引越し業者に依頼する方がおすすめです。

 

業者に依頼すれば利用料金も多少高くついてきますが、自力で行う場合とは違い安全安心かつ楽に引越しを行うことができるでしょう。

アリさんマークの引越し社は長距離スペシャル便オール自社便がおすすめ

アリさんマークの引越し社は長距離スペシャル便オール自社便がおすすめ

長距離引越しプランが充実しているアリさんマークの引越社ですが、中でも「長距離スペシャル便」に関してはチャーター便になるので、荷物が早く届くうえに日時指定も可能でとにかく時間的に融通が利きます。

 

また他の長距離引越しプランと違ってアリさんマークの引越社1社だけで手続きが完結するので便利です。

ただしチャーター便になるので利用料金は高くつきます。

 

「引越しをなるべく迅速で簡単に済ませたい」「こちらの都合に合わせて引越しを行いたい」というような場合には、この長距離スペシャル便がおすすめです。

長距離エコ便もコンテナを利用するならあり

長距離エコ便もコンテナを利用するならあり

アリさんマークの引越社の長距離引越しプランとして更にあるのが、長距離エコ便です。

長距離エコ便の場合は、アリさんマークの引越社とJR貨物列車を利用して荷物を運ぶというプランで、現住所から最寄りのJR貨物駅までと、移動先のJR貨物駅から新居をアリさんマークの引越社の方で運んでもらい、長距離の区間をJR貨物でコンテナに荷物を入れて輸送させていきます。

 

移動距離の大部分はJR貨物での運搬となるので、チャーター便のようにガソリン代や人件費とったコストをなくすことができるので、料金も安くなります。

 

ただしJR貨物列車自体は、ほかの荷物も積み込まれなければ発車しないので、荷物の到着日時を自分で選ぶということはできません。

 

スケジュールや利便性よりも料金を重視したい場合におすすめですね。

 

長距離エコリースナブルプランはオールJRコンテナです。

長距離エコリースナブルプランはオールJRコンテナです。

アリさんマークの引越社の長距離引越しプランの中でも、とにかく料金の安さを追求したい場合は、長距離エコリーズナブルパックが最もおすすめです。

 

このプランは長距離エコ便と同様に、まず自宅からJR貨物の最寄り駅まで荷物を運んでJR貨物列車で輸送させるのですが、自宅から運ぶ際にJRのコンテナそのモノの中に直接荷物を入れてから、そのコンテナごとJR貨物列車のほうに移し替えるので、途中で荷物の積み変え作業を行うといった工程がない分、長距離エコ便よりも更に料金が安くなります。

 

たたしこのプランの場合は、アリさんマークの引越社・JR貨物・コンテナ取扱業者の3社を利用することになるので手続きが面倒です。また長距離エコ便と同様に荷物の到着日時の指定はできません。

アーク引越センターミニ引越し長距離プランも利用してみよう

アーク引越センターミニ引越し長距離プランも利用してみよう

単身の場合で長距離引越しを行う場合は、アーク引越センターの移動距離が100km以上の場合に利用できる「ミニ引越し長距離プラン」も良さげです。

 

こちらは荷物の到着には日数を要することもあるようですが、大体3~5万円程度と安い費用で収まることも多く、荷物の梱包から設置まで行ってくれるうえに、ダンボール最大50個と布団袋最大2枚が無料でプレゼント+ハンガーボックスが最大5個まで無料レンタル+毎月1~20日は特別割引が適用されるといった特典が付いてきます。

 

複数の引越し業者で見積もりを依頼する際は、アーク引越センターのこの ミニ引越し長距離プランも検討しておくと良いかもしれません。

長距離プランでトラックも利用

長距離プランでトラックも利用

アーク引越センターで単身ではなく、カップルや家族で引越しをするというのであれば、より大型のトラックを使った「長距離プラン」が良いでしょう。

 

このプランも「ミニ引越し長距離プラン」と同様に、ダンボールをはじめとした梱包資材などが特典として付いてくるうえに、大型家財の梱包から設置までやってもらえるというようにサービスが充実しています。

 

ただし料金的には相場よりも高めになりがちであるとも言われているので、実際に利用を検討する際は見積もりを取ってから判断するようにしておきたいところですね。

 

引越しのプロロで超速1day プランと直行便を使い分けよう

引越しのプロロで超速1day プランと直行便を使い分けよう

長距離引越しを得意とする引越しのプロロでは、大まかにできるだけ安く引越しできるプランと期間・期日優先のプランとの2つの種類があります。

 

期間・期日優先のプランは、料金よりもスケジュールを重視させたい場合に向いているプランのことで、これには「超速1day便」と「直行便」とがあります。

 

「超速1day便」は急な転勤などの場合で、とにかくすぐに引越しをしたいという状況のときに利用するのが便利なプランです。

このプランであれば当日中に引越しを済ませることも可能なので、緊急を要する場合には大変役に立ちます。

 

また「直行便」は自分のスケジュールに合わせて引越し日を指定することができるというプランです。

急を要するという訳ではなく引越し期間を限定したい場合には、「超速1day便」よりもこのプランを利用するようにするとよいでしょう。

 

 

 

【無料】電話営業のない引越し見積もり


suumoの引越し見積もりなら電話登録がない為、みんなの嫌いなしつこい営業電話なく、引越し見積もりを受ける事が出来ます。
メールのみで引越し見積もりをとる事が出来るので、料金だけを確認するだけでもokです。【キャンセル可能】
suumoの引越し見積もりは以下からどうぞ。
スーモ引越し
【無料】営業電話のない引越し見積もりはこちら
【無料】引越し料金が55%オフ
引越し達人セレクトならたった30秒引越し見積もりを取るだけでなんと引越し料金が55%オフ
【キャンセル可能】
引越し達人セレクトの引越し見積もりは以下からどうぞ。
引越し達人
【無料】55%オフ引越し達人セレクトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です