引越しの妊娠に補助金は出るのか。お金のない出産時期は避け、タイミングは出産後にすべき?

妊娠中に引越しのタイミングが被ってしまったら、妊娠中以外の引越しのときよりも注意しなければいけないこと、それから対応しなければいけないことも増えます。

妊娠中はホルモンバランスで涙もろくなったりストレスに弱くなったりする女性もいるので、体調に合わせて事前にしっかり準備する必要があります。

今回の記事では妊娠中の引越しに確認しておきたい項目や注意点について、詳しくご紹介します。

妊娠で引越しすることになったら補助金は出るのか?

妊婦さんに向けた自治体の補助サービスも存在しているので、妊娠中に引越しが必要になった場合に申請したら自治体から引越し費用についての「補助金」が何か出るのか・・・ちょっと気になるという方もいるかもしれませんね。

残念ながら自治体からは引越しの補助金はありません。

ただし、妊婦さんの勤め先の企業、もしくは旦那さんの勤め先の企業の福利厚生によっては引越し用の補助金(サポート的な特別手当)が出る可能性もあります。

特に、企業の都合で妊娠中に引越しをすることになった場合は補助金的なものがある可能性も高まるかも?

自治体からは妊娠中の引越しにおいての補助金はないものの、生活保護を受給中なら生活保護費用として対応してくれる可能性はあります。

生活保護受給中で引越しが必要と認められた行政がサポートしてくれる可能性あり

妊娠中の引越しは行政からの補助金はありませんが、妊娠中に生活保護を受給している場合は、引越しするための費用が支給される可能性があります。
補助金というより生活保護費用ですが、もしも支給されたら引越し費用も物件の契約費用も全て生活保護費で賄ってもらうことができます。

ただし、生活保護期間中の引越しはそもそもが難易度が高め、正当な理由がないと難しいといわれています。
妊娠中の引越しでも同様です。「引越しをしなければいけないやむを得ない理由がある」なら対象になる可能性はあるので、福祉事務所に聞いてみましょう。

どのような状況だったら引越しが認められるかは難しいところですが、例えば・・・

現在住んでいる物件が子どもの入居禁止の物件だったり、病院が極端に遠かったり、職場が遠くて子どものお迎え時間に間に合わないなどの理由です。

引越しをしなければならない「やむを得ない理由」がある場合、生活保護受給中の方は管轄の福祉事務所に相談してみましょう。

妊娠中の引越しで注意したい「母子手帳」「検診補助券」の扱い

妊娠中は継続して産婦人科に通う方がほとんどですが、妊娠は病気ではないので病院に行っても保険が効きません。
そのため、毎回毎回通い続けていればかなりの出費になってしまいます。

そこで各自治体が妊婦さんの経済的な負担を軽減するために「検診補助券」と呼ばれるものを発行しています。

妊娠中に受け取るアイテムといえば検診補助券以外にもう1つ。「母子手帳」もあります。
母子手帳も検診補助券と同様、公的に発行されるものです。

引越しをしたら検診補助券と母子手帳の扱いはどうなるのか?

以下では、この点について、それぞれの詳細と対応内容を確認していきましょう。

母子手帳は住所変更不要!特に問題なければそのまま利用しよう

「母子手帳」とは、現在住んでいる場所を管轄する役所から発行されているものです。基本的には検診補助券と同時に発行(受け取り)になることがほとんどです。

母子手帳は各自治体が独自で作成する項目もありますが、ほとんどが全国共通となっています。
そのため、母子手帳を使用するうえで特に困る要素がないのであれば、旧居に住んでいるときに使っていたものをそのまま継続して使用しても問題ありません。

引越しして住所が変わってもそのまま使用できます。
ちなみに里帰りで住所が変わるとしても、そのまま使用できます。

母子手帳については引越しをすることになっても扱いは楽ですね!

妊婦健康診査受診票や助成券は各自治体によって変わるので役所にいくのが必須

母子手帳と同様に自治体から発行されているアイテム「検診補助券」とは、妊娠中の検診費用を一部負担したり完全無料にしたりしてくれる公的な券です。

妊娠中の検診は保険が適用外になってしまうので、経済的な負担を減らすため各自治体が妊婦さんに渡しています。

ちなみに検診補助券は各自治体により支給額の範囲に違いがあります。検診補助券の内容は全国共通というわけではありません。
完全無料の地域もあれば、一部負担しなければいけない地域もあります。

そのため引越しをすると、これまでと補助内容が変わる可能性があります。これについては事前に確認しておきましょう。いきなり無料になったり逆にいきなり一部負担になったりするとびっくりしてしまうかもしれません。

この検診補助券は、引越しする前と後に役所での対応が必須になります。

【引越し時の、検診補助券に関連する対応流れ】

  • 旧居を管轄する役所で事前に転居について報告/検診補助券について確認
  • 新居を管轄する役所で転入手続き時に検診補助券についても手続き/その地域での検診補助券を受け取る

※旧居を管轄する役所に行くときも、新居を管轄する役所に行くときも、「印鑑」と「母子手帳」を併せて持って窓口へ向かいましょう。

検診補助券は場合によって払戻金が発生する可能性もあるので旧居を管轄する役所にもしっかり行っておいたほうが良いです。

※ちなみに、旧居と新居の場所によっては検診補助券の変更は不要で、新居の住所でもそのまま利用できるケースもあります。

妊娠中の引越しで気を付けたいこと

妊娠中に引越しして住所が変わると、少なくとも検診補助券の手続は必要になり、これがけっこう手間になります。

手続きは役所内で完結することなので、転出手続きと転入手続きをするときに併せて対応することはできますが、直前にバタバタしないように早めの準備がおすすめです。

そしてさらに!妊娠中の引越しでは上記のような手続きの面以外に。妊婦さん個人個人がそれぞれ注意しなくてはならないこともあります。

以下では妊娠中の引越しにあたっての「注意点」を確認していきましょう。

1、 引越しで無理しすぎない

妊娠中に引越しを行うとき、絶対に守らなければいけないことは「無理はしない」ということです。

妊娠中はホルモンバランスの変化により涙もろくなったり、体が不調になったりする女性が珍しくありません。
妊娠していないときとは違う体調や精神面のリズムになりやすいということなので、妊娠していないときと同じ感覚で体力的に無理をしたり精神的に無理をしたりするのは禁物です。

特に引越しというものは「日常生活の中での大変なことのカテゴリー」ではなく「日常生活の基準でみたらイレギュラーなこと」です。
仮に自分では何も感じていないつもりだったとしても、精神的なストレスや肉体的な疲労があって自然です。

妊娠中の引越しは無理をしないように、体調をみながら進めていきましょう。
そのためには早め早めからスケジュールを管理するのがおすすめです。

家族や友人など手伝ってくれる人がいるなら、妊娠中の引越しは手伝ってもらうのがベストです。

2、 引越し当日や荷解きなどで重い荷物を運ばない

2つめはこちら。
荷造りや荷解きのときに、妊婦さんは重い荷物を運ばないようにしましょう。

妊娠中の引越しはとても大変なことです。
荷解きであっちの部屋にダンボールを運びたい、この鉢植えをあっちに動かしたい・・・というように何かしら自分でやってしまいたいことも出てくるかもしれませんが・・・

こういう類のことも妊娠中は人によってはけっこう負担になってしまいます。

妊娠中の引越しでは、自分の体に負担になりそうなことは避けるようにしてください。

3、 慣れていない新居や共用部の段差などに注意する

住み慣れた旧居と違って新居に引越した時点ではまだ物件に慣れていません。
そのため「どこに段差があるか」「足元の感覚」を体で覚えてはいないので気を付けてください。

新居の室内はもちろん、共用部分も段差や足元の造りに注意が必要です。

足元に注意して、新居にある段差などは念入りに確認しておきましょう。

4、 新居から通う産婦人科を調べておく

新居に住み始めてからも妊娠期間が続くなら、新居から通えるところにある産婦人科に通う必要があります。
新居の近くで新しく通う産婦人科を調べておきましょう。

引越しする前から、新居の近くにある産婦人科には念のために連絡しておくと安心です。

引越しのタイミングは産後にするべき?

「引越しのタイミングを産後にするべきか」と、迷う方もいるかもしれません。

選択肢として産後の引越しにすることも可能というなら、産後のほうが良い・・・というケースもありますが、産後は産後で睡眠不足の生活になったり、赤ちゃんから目を離せなかったりして体力的には負担がかかっている可能性は高いです。

荷造り、荷解きなど。引越し作業中は赤ちゃんにとっての危険もたくさんだといえます。
常に誰かが付きっきりで赤ちゃんを見張っていられる状況で引越しできるなら産後のほうが良さそうですが、それがなかなか難しそうなら「どちらでも大変度は同じ」くらいではないでしょうか。

どちらのタイミングでも引越し可能なら、よく考えたり家族と話し合ったりして決められますが、状況によってはどうしても妊娠中に引越しをしなければいけないという場合もあります。

妊娠中の引越しで負担を減らすなら、妊婦さん自身が気を付ける点や家族が気を付けてあげる点以外に、引越し業者選びも重要になります。

引越し業者には広告をたくさん打ち出していて全国規模で対応している大手系引越し業者と、こぢんまりと地元に根付き地元の方々に愛されながら運営している規模が小さめの引越し業者があります。

1年単位でみると引越し案件の受付数は大手系引越し業者のほうが多いです。
多いということは妊婦さんがいる家庭の引越しも経験豊富なスタッフが揃っている可能性があります。

まず第一の選択肢として、特定の引越し業者のリピーターだったり、プライベートの知り合いで勝手を分かっていたりといった事情がないときには大手系のほうがおすすめ。妊婦さんへの対応に慣れている可能性があります。

妊婦の引越しにおすすめなのが「荷造り」や「荷解き」のサービス

大手系のほうが優勢という部分を踏まえて、妊婦さんのいる世帯の引越しにおすすめの引越し業者+各社のサービス内容(おすすめの引越しプラン/コース)について確認していきましょう。

「荷造り」「荷解き」対応プランあり!妊婦の引越しにおすすめの引越し業者

妊娠中の引越しにおすすめなのは「アート引越センター」「サカイ引越センター」「ハート引越センター」です。3社とも大手で口コミでの評判も良いです。

基本の引越し作業だけ依頼するよりお金はかかってしまうものの、妊婦さんの引越しでおすすめなのは「荷造り」だけしてくれたり「荷解き+荷解き」をしてくれたりする引越しプランです。

このようなサービスを利用するだけで妊婦さんの負担が大幅に減ります。

引越し業者名 引越しプラン名/基本のサービス以外の対応範囲
アート引越センター おまかせパック(ハーフコース)/荷造り
おまかせパック(フルコース)/荷造り+荷解き
サカイ引越センター らくらくコースA/荷造り+荷解き
らくらくコースB/荷造り
らくらくコースC/「食器」の荷造り+荷解き
らくらくコースプレミアム/荷造り+荷解き+ダスキンの清掃
ハート引越センター エコノミープラン/荷造り
パーフェクトプラン/荷造り+荷解き

3社のおすすめポイントを確認してみましょう。

【アート引越センター】

  • フルサービスプランがある
  • リーズナブル
  • ソックス履き替え対応ありで新居も衛生的

アート引越センターは荷造りだけ、荷造りと荷解きもセットといったコースからニーズに合わせて選択できます。
至れり尽くせりの内容で引越しを目指すことも可能です。

さらに!注目したいのが、アート引越センターは新居で作業を始める前に新品のソックスに履き替える対応をしています。
妊娠するとニオイや汚れに敏感になる女性もいますが、衛生的具合でみればアート引越センターは引越し業者の中でも高水準だといえます。

—————-

【サカイ引越センター】

  • フルサービスプランがある
  • ダスキンとコラボレーションで新居のお掃除に対応するプランあり

サカイ引越センターも荷造りだけ、荷造りと荷解きもセットといったコースからニーズに合わせて選択できます。

サカイ引越センターの引越しサービスで特に妊娠中の利用におすすめなのが「らくらくコースプレミアム」です。
このコースでは、サカイ引越センターとダスキンがコラボレーションしています。
荷造りと荷解きに、さらに新居のお掃除までプロが対応。ワンランク上のプレミアムなサービスとなっています!

妊娠中には負担が大きいお掃除の部分もサカイ引越センターを利用すれば快適です。

—————-

【ハート引越しセンター】

  • フルサービスプランががある
  • 接客やスタッフの対応で評判が良い

ハート引越センターはオンリーワンの引越しをモットーに親切丁寧な引越しで知られています。先にご紹介した2つの引越し業者と比べると特徴はシンプルというか、引越しプランに荷造りだけ追加するか、荷造りも荷解きも追加するか好みで選ぶことが可能です。

スタッフの接客の良さや対応力を重視するのであれば魅力を感じやすい引越し業者です。

—————-

今回ピックアップしたアート引越センター、サカイ引越センター、ハート引越センターは大手の引越し業者で全国展開しているので、各地から利用しやすいです。

長い距離の移動が伴う引越しも、拠点(営業所)の連携がしっかりできているのでスムーズに進む期待ができます。

大手の引越し屋は妊婦がいる家庭の引越しにも慣れている

妊娠中は大手の引越し業者に依頼したほうが安心感があるかもしれません。

  • 大手の引越し業者は妊婦さんのいる世帯の引越しに慣れている傾向あり
  • 荷造りと荷解きのフルサービスプランを用意している
  • スタッフの教育を徹底して行っている傾向なのでホルモンバランスが不調なときもイライラせずにやりとりできる

妊娠中でもフルサービスプランを利用しないという方もたくさんいます。
フルサービスプランを利用しない場合でも大手を利用したほうが便利さやスムーズさを感じやすいかも?

妊娠中だということは事前に伝えておこう

どこの引越し業者に依頼するとしても「妊娠中」だと伝えておきましょう。

フルサービスプランを利用しない場合などは伝えなくても別に作業に支障があるわけではありませんが、伝えておいたほうが引越し業者のスタッフも妊婦さんがいることを前提で当日来てくれるので、何かとスムーズです。

伝えていないと当日物凄く気を遣って「体調は大丈夫ですか?」と、何度も聞かれてしまうかも。
頻繁に体調確認をされても疲れてしまいますよね。
お互いのバランスを取るためにも、事前に伝えておくほうが効率が良いです。

「まとめ」妊娠中の引越しはしっかり準備して行おう

今回の記事では妊娠中の引越しに視点を当ててご紹介しました。

妊娠中の引越しは無理をしすぎず、最適な引越し業者やプランを選択することが大切です。
家族と話し合って快適な引越しを目指していきましょう!

【無料】電話営業のない引越し見積もり


suumoの引越し見積もりなら電話登録がない為、みんなの嫌いなしつこい営業電話なく、引越し見積もりを受ける事が出来ます。
メールのみで引越し見積もりをとる事が出来るので、料金だけを確認するだけでもokです。【キャンセル可能】
suumoの引越し見積もりは以下からどうぞ。
スーモ引越し
【無料】営業電話のない引越し見積もりはこちら
【無料】引越し料金が55%オフ
引越し達人セレクトならたった30秒引越し見積もりを取るだけでなんと引越し料金が55%オフ
【キャンセル可能】
引越し達人セレクトの引越し見積もりは以下からどうぞ。
引越し達人
【無料】55%オフ引越し達人セレクトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です