引越しやること

引越しが決まったら様々な準備を行わなければいけません。
引越しに慣れていないと何から準備していけば良いのかついつい慌ててしまうもの。

そこで今回の記事では引越しで「やること」を時系列順にご紹介。

各項目ごとに「やり方」も併せてご紹介していきます。引越しについて不安がある方はぜひ参考にしてくださいね!

引越しやることチェックリスト!まずは簡単に時系列で確認

引越しやることチェックリストまずは簡単に時系列で確認

引越しでやることをリストにしてみると、工程数は多いですがどれも内容はシンプルなので事前にしっかり確認しておけば問題ありません。

後半に【詳細】をご紹介するとして、まず最初に【簡易】のやることチェックリストをご紹介します。

まず最初に引越し見積りをとってしまう事をおすすめしてます。

おすすめなのは引越しらくっとnaviです。

引越しラクっとNAVIは入力項目がたったの4項目。10秒程度で見積がとれる上、しつこい営業電話がなくたった一本の電話で終わる引越しラクっとnaviがおすすめです。

【無料】引越しラクっとnavi公式サイトはこちら

もしくは電話営業なしでメールのみで登録出来る引越しsuumoがおすすめです。

電話営業一切なし。引越しsuumoは以下からどうぞ。

【無料】電話営業なし。引越しsuumo公式サイトはこちら

【引越し日まで】簡易やることチェックリスト

【引越し日まで】 簡易やることチェックリスト

流れで確認!【簡易やることリスト】~引越しが決まってから引越し日まで~

新居探し 入居日の3週間~10日前の契約が多い
退去連絡 賃貸物件・駐車場・その他契約しているものがあれば
引越し業者へ探しと依頼 見積もりサイトを使用or引越し業者へ直接連絡
粗大ごみ処分の準備 粗大ごみ回収業者or行政orリサイクルショップ
転出手続き&各種行政関係の手続き 転出日の2週間前から手続き可能
住所変更 クレジットカード・生命保険・金融機関・携帯電話・固定電話・通販サイト・インターネットプロバイダーなど(インターネットで手続き可能なものが多い)
郵便物の転送サービスの登録 インターネットでも手続き可能
荷造り 荷造りのペースは個人差がある。使わないものから先に荷造りすると楽
掃除 清掃費を支払っていてもある程度掃除して退去するのがマナー
挨拶など(必要な場合のみ) 女性や学生の1人暮らしの場合は挨拶をしないケースが増えている

この中で地味に手間になるものといえば・・・「住所変更」です。

クレジットカードや携帯電話の住所変更はインターネット変更手続きに対応していることが多いので、コールセンターに電話して依頼~という手間自体は省略できるようになっていますが、けっこう忘れやすいので注意が必要です。

【引越し日当日~】簡易やることチェックリスト

【引越し日当日~】 簡易やることチェックリスト

流れで確認!【簡易やることリスト】~引越し日当日から~

荷物の搬出&搬入への対応 引越し業者が来たら自宅に入れて、新居でも鍵を開けて引越し業者の作業完了を見守る(契約プランによっては自分も手伝うケースもあり)
転入手続き&各種行政関係の手続き 転居日から2週間以内に手続きをしなければいけない
挨拶など(必要な場合のみ) 女性や学生の1人暮らしの場合は挨拶をしないケースが増えている

引越し当日は引越し業者への対応が大きな仕事となります。

旧居にも新居にも足を踏み入れる引越し業者なので・・・引越し業者のサービスや対応が良いか悪いかで引越し全体の満足度が左右されやすいという、おそろしい現実があります。

引越しの満足度を高めたいなら、引越し業者選びは重要です!手抜き禁物!

引越しやることリスト【詳細】を確認していこう

【引越し日当日~】 簡易やることチェックリスト

続いては引越しやることリスト、それぞれの項目を1つずつゆっくり確認していきましょう。

引越し準備のやり方さえ確認しておけば引越し準備は安心度が高まります!

新居探しは不動産屋との相性と下調べが勝利に繋がる!

新居探しは不動産屋との相性と下調べが勝利に繋がる!

新居は入居日の1ヵ月前くらいから探し始めることが多いですが、あまりに早くから探しすぎても契約までに物件が埋まってしまうことも。

契約を決めてから家賃を支払わずに待ってもらえる期間(家賃の支払い義務のない期間)は大家さん次第ですが、1週間~3週間くらいです。
どれくらい前から探すべきか迷う方は不動産会社に相談してみましょう。

不動産会社は親身になってくれてスタッフさんが信用できそうなところを選択しましょう。

退去連絡は1ヵ月前が多いけど契約によってはもっと早いこともある!

退去連絡は1ヵ月前が多いけど契約によってはもっと早いこともある!

物件の退去連絡は退去日の1ヵ月前までになっているところが多いです。
時々3週間前だったり、2ヵ月前だったりすることもあるので契約書は確認必須です。

退去日連絡の期日を過ぎると、家賃がまるまる1ヵ月分かかってくる可能性もあるので期日はけっこう重要です。

引越し業者へ探しと依頼!見積もりサイトをフル活用すべし

引越し業者へ探しと依頼!見積もりサイトをフル活用すべし

引越し業者探しは見積もりサイトで効率良く!

重視するものに合わせて特徴面で満たしている引越し業者を見つけだしましょう!

粗大ごみ処分の準備!油断していると引越し日当日に間に合わないかも

粗大ごみ処分の準備!油断していると引越し日当日に間に合わないかも

粗大ごみの処分方法といえばこちら。

  • 粗大ごみ回収業者(料金は選ぶところ次第)
  • 行政の回収(安いのが魅力!!)
  • リサイクルショップ(いらないものを処分してお金がもらえる!)

粗大ごみ回収業者は、1点から回収してくれることもあればトラック積み切りでサービスを提供していることもあります。粗大ごみの量や内容に合わせて最適な粗大ごみ回収業者を選択しないと、想像より高くなることが多々あるので情報収集が必要です。

行政の回収は、事前に予約してコンビニなどでゴミ処理用シールを購入し玄関前や集合住宅の入り口付近に置いて、当日回収してもらいます。1点300円くらいから回収してもらえるものもあり安いのが特徴です。
ただ、安い分常に人気があり引越し繁忙期でもそうでなくてもけっこう予約が埋まりやすい傾向。

地域によってはインターネットサイトでの予約に対応しているケースもありますが、それで枠をみてみるとずっと埋まっているということも・・・地域によってはあるので早めに対応しましょう!

粗大ごみ処分については早めに対応しましょう。
処分が間に合わないと引越し輸送荷物量が変わり、引越し料金まで変わってくる可能性があります。

【リサイクルショップでの処分のススメ】

処分するときゴミとして捨てるという方法がお決まりですが、品物や状態によってはリサイクルショップで売るという選択肢もあります。

リサイクルショップで訪問買取サービスを提供しているケースもあるので売りやすくなっています。

ちなみに、粗大ごみ以外に小物類でも何かと不用品が出てきやすい引越し。小物類は「買取王子」などのネット買取専門で(宅配便を利用して送れば査定してもらえる)買取してもらうことができます。

不用品がたくさん出る場合は、通常の「回収」サービス以外にリサイクルショップも検討してみると良いかも!

転出手続き&各種行政関係の手続き!対応可能期間が決まっているから注意

転出手続き&各種行政関係の手続き!対応可能期間が決まっているから注意

転出手続きや、各種行政関係の手続きは対応可能期間が一応決まっているので注意しましょう!
転出手続きに関しては転出予定日の2週間前から可能です。
それより前に行っても対応してもらえません。

役所は平日しか空いていないので、平日は毎日仕事しているという方は事前にスケジュールを調整しておきましょう!

とはいえ、仮に転出手続きが間に合わないまま引越してしまったとしても事情を話せばもちろん転出手続きすることはできます。
遠方に引越してしまい旧居を管理する役所に足を運びづらい場合でも郵送手続きすることが可能です。(マイナンバーカードを持っていれば返送用の封筒なども不要で手続きはとてもシンプルです)

各種住所変更!金融系の住所変更は忘れずに&お早めに

住所変更も忘れないように対応しなければいけません!
大抵の場合、住所が変わる(新居に入居する)1ヵ月前から受付ていることが多いです(※時々2週間前ということもあります)

住所変更しなければいけないものといえば・・・色々あります。

  • クレジットカード
  • 生命保険
  • 金融機関
  • 携帯電話
  • インターネットプロバイダー(Wi-Fiも忘れずに)
  • amazonや楽天などの通販サイト
  • その他会員登録しているサイトなど

クレジットカードは最近明細の発行をしない方が増えていますが、もし明細があるなら・・・住所変更をしないと旧居に届いてしまいます。旧居に新しい入居者がいれば、通常は「前の入居者への郵便物」としてメモを貼ってポストに投函してくれたり、郵便局に持っていってくれたりします。

ただし、世の中の全員がそうしてくれるとは限らないので、最悪の場合中身を見られてしまうこともあるかもしれません。

クレジットカードに限らず金融系の住所変更は要注意!
携帯電話に関しても名前も電話番号もわかってしまうので要注意。

あとは、ついつい忘れてしまいやすいamazonや楽天などの通販サイト。

住所変更していないまま引越し後に普通に利用してしまうと、旧居宛に購入商品が送られてしまいます。
宅配便の会社に連絡すれば転送してくれますが、別途転送料金がかかってきて損します。

郵便物の転送サービスの登録!とりあえずお願いしとくと超便利

郵便物の転送サービスの登録!とりあえずお願いしとくと超便利

先ほど住所変更の重要さについて触れましたが、郵便物の転送サービスさえ完了させておけば万が一住所変更を忘れても一定期間安心できます。

郵便物の転送サービスは、旧居宛に届いた郵便物を新居に転送してくれるサービス。
けっこう美容室のDMとか、引越し後も送られてくるようなので郵便物の転送サービスに依頼しておくと便利です。

クレジットカードの明細が旧居に送られても、携帯電話の明細が旧居に送られても安心。
ただし、一定期間だけなので住所変更自体は早めに対応しましょう。

荷造り!早い人は1日でもできてしまうけど・・・

荷造り!早い人は1日でもできてしまうけど・・・

荷造りは例えば1人暮らしだと1日でもできてしまいます。

とはいえ一般的には1週間くらいかかるようです。早めに取り掛かるほうが楽できるので、早めに取り掛かりましょう!

荷造りのコツはしばらく使わないものからどんどん荷造りすること。引越しギリギリまで使うものは最後に荷造りをするようにすると楽です。(ダンボールだけは事前に準備しておく)

掃除!清掃費を支払っていても基本的には行うのがマナー

掃除!清掃費を支払っていても基本的には行うのがマナー

退去時、基本的には軽くでも清掃してから出るのがマナーです。

事前に清掃費を支払っているケースもありますが、住んできた物件なので最低限気持ち良い状態にしてから退去しましょう!
清掃しなかったから敷金の返金額が変わることは滅多にないですが、しないよりするほうが何となく印象も良いです。

退去時の挨拶について

退去時の挨拶について

退去時の挨拶は、隣人と親密な付き合いがあったのならしておくべきといえますが、そうでもない、顔を合わせたら挨拶するくらいの付き合いしかなかったというときには・・・挨拶しないで退去しても良いのではないでしょうか。

ここに明確なルールはありません。
もちろん挨拶しておくのは礼儀正しくはありますが、付き合いのなかった隣人からいきなり退去の挨拶にこられたら・・・ファミリー層の物件ならありですが、1人暮らしの物件だとけっこう不思議な印象になってしまうかも。

外国だとそこまで考えずにフレンドリーに挨拶する国もあるのかもしれませんが、ここは日本。これまでの暮らしから空気を読んで挨拶しとくかしないまま退去するか判断しましょう。

ちなみに旧居に管理人がいて管理人とよく顔を合わせていたなら、管理人だけに菓子折りを渡してお礼を言うのはありです。
管理人は物件を管理してくれた人なので、これまでの感謝の気持ちを込めて菓子折り(800円~1,000円くらい)を送ると好印象。気持ち良く退去できます。

【引越し当日】荷物の搬出&搬入!宿泊が必要な場合もあり

【引越し当日】荷物の搬出&搬入!宿泊が必要な場合もあり

引越し当日は、旧居と新居の距離が離れる場合、旧居の荷物搬出後に新居の近くで宿泊する必要が出てくるケースもあります。
引越し作業は午前中開始になることも多いからです。

宿泊が必要なら早めに宿を確保しておきましょう。
受験シーズンに被るときは引越し先の場所にもよりますが安い宿が埋まってしまうケースもあるので早めに確保したほうが安心!

引越しの荷物の搬出、搬入については引越し業者に任せれば良いですが作業時間は何だかんだ気を遣って大変に感じやすいです。

転入手続き&各種行政関係の手続き!役所が開いている時間に要注意

転入手続き&各種行政関係の手続き!役所が開いている時間に要注意

転入手続きは新居へ入居した日から2週間以内にしなければいけません。

役所は平日しか開いていないので、平日は毎日仕事というときには事前にスケジュール調整をして忘れずに転出手続きを完了させましょう。

挨拶など!女性の一人暮らしはしなくて良い場合も多い

挨拶など!女性の一人暮らしはしなくて良い場合も多い

引越しで「挨拶」をするのはかつては当たり前のマナー扱いでした。

しかし最近では主に都市部を中心に引越ししても退去しても挨拶しないケースが増えているようです。特に女性の1人暮らしは、女性専用物件を除き・・・隣人には挨拶しない選択をする方が増えています。

隣人がどのような感じなのかわからないから関わらない。このご時世だから否定的にみる方は少ないのではないでしょうか。
隣人側も挨拶にこなくても別に気にならないことが多いよう。

挨拶するべきか迷ったときは・・・家族や友達や恋人に相談してから判断しましょう。

ちなみに、引越しで挨拶することにしたら人気の手土産はこちら。

  • ミニサイズのギフトクッキー
  • ギフト用ラッピングされた食器洗い洗剤
  • ギフト用のタオル

予算は300円~500円の範囲が無難。
1,000円を越すのは気を遣わせるかも・・・引越しの挨拶=お互い初対面なので、初対面でいきなり高いものをもらうと普通ちょっと気を遣ってしまいます。遠まわしな気遣いも含めて300円~500円の範囲が無難です。

通販サイトで「引越し ギフト」と検索すると、ミニサイズのギフト用クッキーやラッピングされた食器洗い洗剤などのギフトを確認することができます。

通販なら買いに行かなくてもお届けしてもらえるというメリットもあるのでぜひチェックしてみてくださいね!

引越しのコツ!多少すっとばしてもだいたいは何とかなる

引越しのコツ!多少すっとばしてもだいたいは何とかなる

引越しのやることリスト・・・工程を書き出してみると色々とやることがありました。正直、工程を見ると「面倒くさそう」ですよね。
色々とやることがあるし、早めに対処しないといけないものもあれば、対処できる期間が決まっているものもあり、スケジュールを管理しなければいけません。

ただし!!引越しのコツですが、全てを工程の順番通りに進める必要はありません。

多少順番前後しても期日までに終わればOK

極端な話、新居と引越し業者さえ決まっていて荷造りさえ間に合えば引越しすることはできます。

工程をすっとばして引越し準備をしても、期限に間に合えば良い!順番が変わると後でカバーするときに本来より手間がかかる可能性はありますが「絶対に順序通りにしないとダメ」ということではないので、初めての引越しで不安が強いときにも、まずはリラックスしましょう!

引越しに慣れていない方はここだけは押さえよう

引越しに慣れていない方はここだけは押さえよう

引越しに慣れていない方が重視しておきたいのは「物件選び」そして「引越し業者選び」です。
この2つさえ満足のいくラインにしておけば、引越し全体の満足度は高まりやすいです。

物件選び・・・「間取りが気に入って駅近くでスーパーが通える範囲にあれば良いのでは?」という考え方もありますが、基本的にほとんどの方は一度住むとある程度の期間は住むことになるので・・・安易には決められません。

とにかく物件選びがこの先の毎日に多大な影響を及ぼす

とにかく物件選びがこの先の毎日に多大な影響を及ぼす

とにかく物件選びはこの先の毎日・・・日常生活に多大な影響を及ぼします。

物件選びに失敗して、せっかく引越したのにすぐに退去したというケースも世の中あるようなので(引越し業者のスタッフさんなんかはそういうケースで引越しを決めたんです~という話を聞く機会もけっこうあるそうですよ)

しっかり選びましょう!

・・・しっかり選ぶといっても「住んでみないと実際全てはわからないのでは?」というのも事実。ただ、やり方次第で住む前から色々と細かいところまでチェックすること自体は可能です。

どうせなら安心感を高めるためにも細かいところまでチェックしておきましょう!

物件選びのコツをチェック

物件選びのコツをチェック

物件選びをするときチェックするべきポイントはこちら。

  • 隣人、近隣、物件自体の雰囲気
  • 壁の薄さ
  • 虫の存在感のチェック
  • キッチンの流しとお風呂の排水溝あたりのさりげないニオイチェック
  • 網戸のあたりをチェック
  • 床をチェック
  • 街の様子(特に夜の雰囲気や街頭の数)

隣人の雰囲気というのは・・・最近ではチェックが難しいです。
不動産会社や管理会社に聞いても、個人情報保護の観点から隣人の仕事やどんな人かという内容はもちろん、性別さえも教えてもらえないのが一般的になっています。

隣人の雰囲気を知るには物件見学に行くのが一番。さすがにたまたまタイミング良く出てきてくれることはないので、隣人の玄関をチェックしましょう。玄関の前によくわからない私物を出している・・・これは、玄関前は物件の作りにもよりますが基本的にマンションなら共有廊下になるのでNGです。

これを平気でしているケースは「悪気はなくて無意識でしている」ケースと、「個性的な人だからやっている」ケースがあります。面倒なのは後者です。この時点では玄関前に置いてある・・・くらいでも、そのうち隣の物件(=自分が入居するかもしれない部屋)の玄関前まで荷物を広げてきたり、もっと物を積み上げたりしてくる可能性があります。

隣人の雰囲気、それ以外にも物件の雰囲気も含めて見学時にはみておきましょう。

あとは定番の壁の薄さです。
1人暮らし用の物件は何だか世の中壁の薄い物件が多いようです。壁をコンコンノックしたときの音の響き方で壁の薄さは判断することができます。

物件見学に行くときはだいたい日中が多いので、土日だとしても隣人は留守のケースがよくあります。見学した印象だけで油断するのではなくしっかりチェックしましょう!

それから、網戸に虫がついている物件は虫の発生率が高い可能性があります(高層階でも虫は出ます)

キッチンの流しとお風呂の排水溝はしばらく使用していないと多少ニオイが発生することがありますが、強いニオイがけっこう発生しているなら要注意。隣人が詰まらせていたり、物件の構造に問題がある可能性も。

床がフローリングではなくカーペットのときも注意。カーペットだからダメというわけではありませんが、カーペットが古そうだと虫がいる可能性があるので、不動産会社のスタッフに除菌系や虫よけ系はどういう対応をするのか確認しましょう。

あとは・・・住んでみると意外と当たりはずれが出てきやすいのが「街」です。

にぎやかな街だと、夜でもうるさかったり酔っ払いが多かったりすることも。女性の1人暮らしならこのような点も注意したいところ。たまに日中と夜だと雰囲気が全然違うような街もあるので、住む場所(生活の拠点にする場所)選びは慎重に行いましょう。

物件選びはとにかく力を入れなければいけません!

引越し業者選びは見積もりサイトがベスト

引越し業者選びは見積もりサイトがベスト

物件が決まったら引越し業者選びをスタートさせる流れが多いです。

引越し業者の予約は引越し日の1ヵ月前~10日前にすることが多いようですが、引越し業者は3ヵ月前から予約できるケースが多いので早めに予約できるなら早めに予約するのもありです。

引越し業者を選ぶとき、気になる引越し業者に直接見積もり依頼をするのも良いですが「安さにこだわりたい」「複数の引越し業者から良さそうなところを選びたい」ということであれば、見積もり依頼サイトがおすすめです。

見積もり依頼サイトを使えば複数の引越し業者の条件を比較して選択することができるので、理想の引越し業者を選べる確率が上がります!

旧居にも新居にも足を踏み入れる引越し業者。これも引越し全体の満足度を左右するのでしっかり選びましょう

ひと手間かけると気持ち良い引越し!引越し業者へドリンクを!

ひと手間かけると気持ち良い引越し!引越し業者へドリンクを!

引越し業者のスタッフに、引越し当日の「作業開始前」にドリンクを渡すと作業を頑張ってくれやすいです。

コツは引越しの作業開始前に渡すこと。ドリンクを渡す方の多くは作業後にお礼として渡すようですが、終わった後に渡すより先に渡すほうが「これもらったし頑張らないとな」というモチベーションに繋がりやすいです。

引越し作業は体力を使う大変なもの!
「だって引越し料金は払っているし」という考え方もありですが、せっかくなのでみんなが気持ちよく引越しの1日を終えられる方向性にするのはいかがでしょうか!

「まとめ」引越し日を逆算して準備を進めていこう

引越し日を逆算して引越し準備をしっかり進めていきましょう!

備えあればうれいなし!満足度の高い引越しを目指していきましょう!

【無料】電話はたったの1本。確認の電話だけ


たった4項目載せるだけのもっとも簡単な引越し見積りサイト【キャンセル可能】
引越しらくっとnaviは以下からどうぞ。

【無料】営業電話しつこくない引越し見積もりはこちら
【無料】電話営業のない引越し見積もり
suumoの引越し見積もりなら電話登録がない為、みんなの嫌いなしつこい営業電話なく、引越し見積もりを受ける事が出来ます。
メールのみで引越し見積もりをとる事が出来るので、料金だけを確認するだけでもokです。【キャンセル可能】
suumoの引越し見積もりは以下からどうぞ。
スーモ引越し
【無料】営業電話のない引越し見積もりはこちら
【無料】引越し料金が55%オフ
引越し達人セレクトならたった30秒引越し見積もりを取るだけでなんと引越し料金が55%オフ
【キャンセル可能】
引越し達人セレクトの引越し見積もりは以下からどうぞ。
引越し達人
【無料】55%オフ引越し達人セレクトはこちら