引越しの一時荷物預かりを保管してくれるのはここ。荷物保管サービスを比較

引越しの日、旧居から新居へすぐに荷物を入れて新生活を始めるという方が多いですが中には「旧居で荷物出ししてから新居に入れるまで日が空く」という方もいます。

主な理由は・・・

  • 建て替えで仮住まいに入りきらない分を別の場所に預ける
  • 旧居で荷物を出してから短期間旅行して終わってから新居に入れる
  • 単身赴任予定でしばらくはマンスリーマンションに住みながら家を探す
  • 旧居を出る日と新居に入居可能な日の間が空いて少しの間ホテル暮らし

などです。

荷物を一時的に預かって欲しいとき、選択肢は「引越し業者に預かってもらう」か「トランクルームなどの専門業者に預ける」かとなります。今回は引越し時の荷物の一時預かりについてみていきましょう。

引越しの一時荷物預かりを保管してくれるのはここ

引越し業者の全てが荷物の一時預かりに対応しているわけではありません。
対応しているとことは限られていますが、中規模~大手の引越し業者では対応していることが多いです。

仮に対応していなくても提携しているトランクルームに預ける(引越し作業の流れで預けてくれる)ところもあるので、公式サイト上で「荷物の一時預かり」や「トランクルーム」というオプションが記載されている引越し業者なら相談できます。

全国各地どこからでも利用しやすい大手で、荷物の一時預かりに対応している引越し業者をピックアップしてみました。

引越し業者名 荷物の一時預かり詳細
アート引越センター ※搬入先の住所が確定している場合のみ一時預かりしてくれる。
自社で荷物を保管してくれる。
保管料は有料。
アーク引越センター 荷物の一時預かりを希望する場合、自社で荷物を保管。
保管料は有料。
アリさんマークの引越社 提携業者を紹介してくれる(自社保管ではない)
※紹介料は無料、保管料は有料。
サカイ引越センター 新築・増設(リフォーム)に伴う引越しの場合のみ荷物の一時預かりに対応(自社保管)
※保管料は有料。
日本通運 自社保管。短期~長期まで日数相談可能。セキュリティや空調にこだわりあり!※保管料は有料。

大手で荷物の一時預かりに対応している引越し業者となると上記がおすすめです。

その中でも特に荷物の一時預かりに力を入れているのが日本通運(日通)です。
こちらの企業は引越しでも有名ですが、宅配便でも有名な輸送のプロフェッショナルで規模も大きいため、そもそも保管設備の充実度が高めとなっています。

セキュリティや空調設備は保管場所(依頼する引越し業者によって)違う部分もありますが、日本通運についてはとにかく高水準。
このあたりにこだわりたい派、それから海外旅行や留学などで長期間預けたい方も日本通運はおすすめです。

一時荷物預かりの料金は荷物量や日数などで変わるので早めの見積もりがおすすめ!

荷物の一時預かりは、「建て替えプラン」という名称の引越しサービスがある場合を除き多くの引越し業者で有料オプションとして対応しています(建て替えプランだと仮住まい期間の荷物の一時預かりも含めての見積もりになることがあります)

料金は荷物の量や預ける日数で変動します。
選ぶ引越し業者次第で安くなったり高くなったりする可能性はあるので、比較して安いところに依頼したいということであれば早めに見積もり依頼しましょう。

1日~2週間以内など短期の預かりならこうするのがいい

ちなみに引越し業者以外にも荷物を保管してくれるトランクルームなどの専門業者がありますが、引越しに伴う1日~長くても2週間以内の保管の場合は引越し業者で荷物の一時預かりに対応しているところを選ぶのが良いでしょう。

引越し作業で旧居に訪れて荷物を搬出し、そのまま荷物を保管場所に、引越し業者のスタッフが運んで預け入れしてくれて新居に荷物を搬入する日には預けた場所から引越し業者のスタッフが運んで持ってきてくれます。

トランクルームだとトランクルームを借りる契約作業と、引越し業者に荷物への対応をしてもらう引越し申込が別々になるので手間も感じやすいうえに「引越しに伴って短期間」という側面でみると料金面も有料オプションで荷物の一時預かりをつけてもらうより、別途最初から契約するトランクルームのほうが割高になる可能性が高めです。

引越しの荷物預かりはトランクルームサービスに依頼するのもあり?

引越しでの荷物の一時預かりは引越し業者に対応してもらうほうが何だかんだ安くなりやすいとはいえ、最近ではリーズナブル路線にこだわっているトランクルームや、キャンペーンで安く借りられるタイミングなどもあります。

安さにこだわるなら念のため両方で見積もりしてもらい、引越し業者のほうが安ければ有料オプションで、トランクルームのほうが安ければトランクルームで。というのもありですが注意点もあります。
それは有料オプションでつける場合と違って、引越し業者には2度作業を依頼することになるというところ。

有料オプションでつけた場合は旧居⇒保管場所⇒新居という一連の荷物の輸送に、間の期間が1日~何か月空こうとも1つの引越し作業の中の話ですが、別の業者のトランクルームに別途契約する場合、旧居⇒トランクルーム、トランクルーム⇒新居と、引越し作業が1つではなくなるので「引越し料金」が割高になる可能性があります。

つまりトランクルームでお得にさせるには、引越し業者の料金がそもそもとても安く収まっていないと難易度が高くなります。

トランクルームが活きるケースの代表格といえば、自分や家族や友達に手伝ってもらい個人で引越しをする途中でトランクルームを利用する場合ではないでしょうか。
その場合は引越し業者に払う分の料金がないので全体的にリーズナブルに抑えやすです。

引越し屋の一時荷物預かりメリット

引越し業者の荷物の一時預かりのメリットはこちら。

  • 引越し作業の中で荷物の出し入れに対応してくれるから楽
  • 1つの引越し作業の中で全部対応してくれるので料金を抑えやすい
  • 短期間なら引越し業者に任せたほうが安くなりやすい

引越し業者の荷物の一時預かりは、「引越し」で利用するときには非常に魅力的な存在になってくれることが多々あります。

料金を抑えたい派も、作業の効率アップで楽したい派も。どちらのニーズもカバーできる傾向です。

トランクルームに月額契約するメリット

トランクルームの多くは月額契約が基本かつ、契約にあたりデポジットや契約金がかかるケースもあります。
2週間くらいの短期間だとけっこう割高になることが多いですが、荷物の一時預かり期間が例えば2ヵ月3ヵ月となるのであれば引越し業者に荷物の一時預かりをしてもらった場合より安くなることもあります。

つまり預け入れしたい期間が長期になればなるほどトランクルームはメリットが出やすいものの、短期間になればなるほど引越し業者のほうがメリットが出やすいということになります。

ちなみに建て替えに伴う荷物の一時預かりの場合は、引越し業者側がお得になるように荷物の一時預かりも想定した引越しプランを提供していることもあるので、そのような専門的なプランが適用される場合においては長期間の預かりでも、何だかんだ引越し業者のほうが安くなりやすいです。

とにかく迷ったらどちらも見積もりして判断しましょう。

まとめ!一時荷物預かりの日数が短いなら引越し屋に任せよう!

今回の記事では荷物の一時預かりについてご紹介しました。

引越しで荷物の一時預かりが必要な場合はまず引越し業者のほうを優先して相談してみるのはいかがでしょうか。
そのとき「高いかも?」と感じたらトランクルーム含めて考えてみるのもありです。

こだわりを持って快適な引越しを目指しましょう!

【無料】電話営業のない引越し見積もり


suumoの引越し見積もりなら電話登録がない為、みんなの嫌いなしつこい営業電話なく、引越し見積もりを受ける事が出来ます。
メールのみで引越し見積もりをとる事が出来るので、料金だけを確認するだけでもokです。【キャンセル可能】
suumoの引越し見積もりは以下からどうぞ。
スーモ引越し
【無料】営業電話のない引越し見積もりはこちら
【無料】引越し料金が55%オフ
引越し達人セレクトならたった30秒引越し見積もりを取るだけでなんと引越し料金が55%オフ
【キャンセル可能】
引越し達人セレクトの引越し見積もりは以下からどうぞ。
引越し達人
【無料】55%オフ引越し達人セレクトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です