引越し挨拶手土産ランキング。挨拶時間は何時がベスト?

初対面の相手に挨拶するとき手土産を渡す習慣。実は先進国でこの習慣を持つ国は多くないようです。
日本で古来から続く「美しき手土産文化」が発揮される場面といえば!
そう、身近なのは「引越し」です。

新居のご近所さんたちには何を渡すのがいいのか。
今回は引越しの手土産ランキングをご紹介します。

引越し挨拶手土産ランキング

引越しの手土産の人気ランキングをみてみましょう。人気=みんなが贈っている手土産ということなので実際に自分が渡すときにポイントを外すリスクを低下させることができます。

【引越し手土産ランキング】

1位 タオル
2位 食器洗剤(ギフト用のものも売っている!)
3位 ギフト用のお菓子

なんとなく無難なラインナップとなりましたが、引越しの手土産は「無難」こそが「最高」になるケースがほとんどです。

理由は引越しの挨拶時、相手と「初対面」だから。
初対面でいきなり珍しいものを贈られても気を遣わせてしまうので、当たり障りのない感じがベターです。

挨拶時間は何時がベスト?

引越しの挨拶は11時から15時の間くらいが無難です。

引越し予定日は週末に集中しやすいですが、週末は昼近くまで寝ているという家庭も多々あるのであまり早すぎるよりはお昼前~午後の早めの時間が良いです。

15時を過ぎてしまうと家族世帯だと食材の買い出しや夕食の支度でバタバタしているケースもあるので夕方前に挨拶を済ませたほうが相手もバタバタしていなくておすすめです。

引越しの挨拶で持っていく手土産の価格帯は?高すぎるのはNG!

引越しで手土産を送るとき(挨拶に伺うとき)大抵の場合は初対面ですよね。
玄関のチャイムをピンポンして「はいはーい」と出ていってみたら、今日越してきた人に高額なものを渡されたら・・・反応に困ったり、気を遣わせてしまうこともあったりします。

引越しの手土産においては基本的に高すぎないほうが気遣いになることが多いです。

予算としては1手土産1,000円以下。

500円~800円くらいが自然です。

1,000円を超えると少々高いと感じます(というかネット通販を駆使すれば1,000円以内で引越しの手土産用アイテムはいくらでも見つかるのでわざわざ1,000円以上にこだわる必要はない)

引越しの挨拶はどこまで行う?両隣だけでOK?不在の場合はどうする

引越しの挨拶は「自分がどこまで挨拶したいか」によりますが、マンションでも一軒家でも両隣は基本となります。

ファミリー向けのマンション・アパート物件で、小さいお子様がいて、音が響く可能性があるときは下の部屋や上の部屋にも挨拶に行く選択をするご家庭が多いですが、1人暮らしで上下の部屋に挨拶に行く方は・・・社宅などで上下に上司や先輩が住んでいるような極端なケースを除いてあまりいないようです。

挨拶に行ったものの住人が不在だった場合は時間を改めて出直すか、翌日もしくは週末などに挨拶に行きましょう。
何回行っても不在・・・という場合は「宅配便以外は出ない」という選択をしている住人さんの可能性もあります(特に女性の1人暮らしだと、在宅していても宅配便が届く予定日時しか来客対応しないケースはあります)

不在続きだからといって、家の前に置いていくと怖がらせてしまう可能性があったり、誰かに取られてしまう可能性もあったりします。
困ったら管理人さんがいる物件なら管理人さんに事情を説明して渡してもらったり、管理人さんがいない物件なら管理会社に相談してみましょう。

アパート…マンション…戸建てそれぞれの挨拶方法

引越しの挨拶の方法はどの物件でも同じ。玄関のチャイムを鳴らして相手が出てきたら自分の立場を名乗りましょう。

「今日から隣に越してきた〇〇と申します。もしよかったらこちらお受け取りください。これからよろしくお願いします」といった感じに当たり障りなく伝えれば大丈夫です。

話好きな相手だと色々世間話してきたり、便利なスーパーなどを教えてくれたりするかもしれませんが都市部や1人暮らし用物件だとだいたい淡泊なので「ありがとうございますー」くらいで手土産を受け取ってサラリと終わりになることがほとんどです。

ちなみに、稀に「手土産は受け取らないようにしている」という風に回答する方もいますが、たまたま隣人がそのようなタイプだったとしても近所付き合いをしたくない主義というだけで本人に悪気はないことがほとんどです。
あまり気にしないようにしましょう。

家族世帯は家族全員で行くべき?

家族世帯は家族全員で挨拶に行っておいたほうが良いケースがほとんどです。

例えば小さいお子様がいるなら隣近所に顔を覚えておいてもらえれば、近所のおばさんが挨拶をしてくれて近所の人とのコミュニケーションから社会生活を学ぶケースもあります。

また、小さいお子様は元気が良くて自宅で騒ぐこともあるものですが、最初に挨拶しておけば「まあ、小さい子がいるし」と寛容になってくれるケースもあります。

単身世帯は男女ともに挨拶に行かない選択をする人が多い

引越しの挨拶は昔からある風習ですが、現代では男女とも単身世帯だと挨拶に行かないケースが増えています。
特に都市部だと挨拶しない派が増えています。

理由は面倒くさいとか近所付き合いはしたくない・・・という内容以外に、特に女性だと防犯の面も多少なりともあります。

女性の1人暮らしだと隣が男性だったら不安を感じるケースというのもあるようです。
女性専用物件や学校の女子寮などは挨拶をするのもありですが、そうではないなら「引越しの挨拶の必須感」というのも薄れています。

引越しの挨拶をしない若者は増えているので、「絶対にしないといけない」というものではありません。
迷ったときには家族や友達に相談してみましょう。

引越し挨拶手土産ランキングの詳細!

先ほどご紹介した引越しの手土産ランキング、1位~3位のアイテムについて、以下では1つずつ特徴を確認していきましょう。

1位 不動のトップ!?引越しといえばコレ!

ランキングの1位はタオルという結果になりました。

引越しの手土産の定番中の定番といえば、幅広い世代で「タオル」ではないでしょうか。
少し良いタオル。500円~1,000円の範囲できちんとギフト用にラッピングされた高品質のタオルもたくさんあるので「タオル」といっても選択肢は多岐に渡ります。

「タオルはしょっちゅうもらっているし、挨拶でもらっても嬉しくない」という意見を持つ方もいますが、マナーも良く無難なので送るほうとしての利便性はダントツといえるのではないでしょうか。

2位 誰でも使う便利な日用品・食器用洗剤

2位は日用品の「食器用洗剤」です。

「え・・・」と感じた方もいるかもしれませんが、食器用洗剤は優秀です。
家族世帯はもちろん1人暮らしでも食器用洗剤を一切使用しない方というのは滅多にいないはずです。

それに洗濯用の洗剤と違い「香り」や「メーカー」や「特徴」への好みが分かれづらいので、多くの方にとって便利なギフトです。

ちなみに、引越しの手土産用の食器用洗剤とは、スーパーやドラッグストアで購入するのではなくネット通販がおすすめです。
ネット通販サイトで「引越しギフト 洗剤」と検索するとけっこうギフト用ラッピング状態の商品検索結果が出てきます。

価格をみても500円~1,000円以内のものが多いのでお財布的にも安心です。

3位 食べ物はコミュニケーションのお役立ちアイテム!?

3位はギフト用のお菓子という結果になりました。

食べ物はもらって嫌がる方は少ない、特にお子さんがいる世帯だと喜ばれることが多いです。
引越しの手土産で渡すなら「高すぎない」「日持ちするもの」がキーワードになります。そのキーワードに該当するギフトでも使えるお菓子といえば・・・やっぱりクッキーが無難です。

ちなみに手土産のクッキーは、デパートで購入したりケーキ屋さんで購入できたりしますがこちらもおすすめはネット通販です。

「引越し ギフト お菓子」で検索すると手ごろな価格で色々出てきます。

サイズ感は基本的にコンパクト(いわゆるミニサイズ)のものが無難です。
大きめの箱に入った菓子折り的なタイプは、遠方から引越してきて旧居があった街の名産・・・という場合だと喜ばれるかもしれませんが、あまりこだわらないで大丈夫でしょう。

価格帯も1,000円以下になるほうが自然です。

1位~3位のアイテムのメリット

1位~3位のアイテムのメリットは「定番であること」「無難であること」「当たり障りのないこと」・・・少々言葉は良くないかもしれませんが、ここに集約されています。

贈る自分にとってもお財布の負担になりづらく、贈られるほうにとっても気を遣うことがない。どちらにとっても気軽にやり取りできるアイテムであることはけっこう大切です。

既に知り合い同士で、そこそこ付き合いがあるなら(例えば会社の仲間とか)もっと高いものや個性が発揮されるものを贈るのもありですが、引越しの挨拶は初対面となるのが基本なので、今回のようなランキングになります。

1位~3位のアイテムのデメリット

1位~3位のアイテムのデメリットといえば、「引越しの挨拶」という点でみればデメリットはありませんが、「個人の欲しいもの」という点でみればおそらく嬉しいかどうか微妙なところでしょうか。

主婦視点でいえば食器用洗剤はいくらでも使うのでけっこう嬉しいことも多いですが、「タオルはもう何度ももらってむしろ余っているし!」と感じる方もいるかもしれません。

とはいえ、誰も引越しの手土産に良いものをもらってやろうとは考えていないので、あまり気にしなくて良いでしょう。

のし袋をつけるべき?

引越しの手土産に「のし」をつけるべきか悩む方もいます。

「のし」があったほうがマナーとしては上級になり丁寧感が出ます。
ただ、引越しの手土産に「のし」がついているかどうかを気にしている近所の人は滅多にいないと予想されます。

ちなみに今回のランキング1位~3位のアイテムで、通販サイトで購入できる「引越し ギフト用」のものを選べば最初からある程度はラッピングされているものもあったり、ラッピングはされていなくても見栄えの良い箱に入っていたりするので、最初から「のし」がなくても良さそうなデザインのものを選択するのはいかがでしょうか。

「のし」を付ける場合でも、100均で購入できます。

粗品やタオルでは失礼?

引越しの挨拶。初対面でばっちり好印象を植え付けたいというときもありますよね。
そのようなときこそ「手土産力」
手土産力で好印象になりたいものですが・・・初対面では相手の好みを把握することは不可能なので、手土産の内容より挨拶を丁寧に笑顔で行うほうに集中するのが無難です。

特に笑顔は好印象になりやすいので、笑顔で明るく。挨拶のほうにこだわりましょう。

贈る手土産は今回のランキングのアイテムなら失礼ではありません。
きっとほとんどの場合で「ご丁寧にありがとうございます」と受け取ってもらえます。

引越しの手土産でトイレットペーパーを渡すのはNG?

引越しの手土産に「トイレットペーパー」を贈るというケースもあるようです。
トイレットペーパー・・・トイレで使うものなので、初対面で贈るのは人によっては微妙に感じるかもしれませんが、人によっては「必需品だし助かる」と感じるかもしれません。

つまり、けっこう際どい手土産です。

悪気がなくても「トイレットペーパー?なんで?」と、人によって感じてしまうケースがあるので相手のことを知らないときには他のもののほうが良いでしょう。

ちなみに不動産会社や管理会社が新しい入居者に、手土産でトイレットペーパーをくれるケースがあるので、どちらかというと不動産会社や管理会社から入居者への手土産というイメージが強いです。

引越し挨拶代行とは

ちなみに「自分で挨拶には行きたくないけど、挨拶に行かないのもなあ・・・」という方にとって便利な「挨拶代行」をしてくれる引越し業者というのも存在しています。

大手で全国展開のところでいえばアート引越センターです。

アート引越センターには「ふたつよろしくサービス」というものがあり、旧居のご近所さんと新居のご近所さん両方に手土産(ティッシュボックス)を持って挨拶に行ってくれます。

自分で挨拶をするのが嫌という方にはおすすめです!

ちなみに今回は新居の近所への挨拶の手土産について触れていますが、退去する旧居の近所の人に手土産を渡すか渡さないかでいうと、通常は渡さない方が多いようです。

近所付き合いがしっかりあった場合は別かもしれませんが、そうでもなかったなら旧居のほうはあまり気にしなくて良いでしょう。
(管理人さんがいたならお世話になった気持ちを込めて何か渡すのもありです)

まとめ!引越しの挨拶をするときには時間帯や内容を意識

今回の記事では引越しの手土産のランキングについてご紹介しました。

引越しで手土産に迷ったら、とりあえず人気のアイテムを贈ってはいかがでしょうか!

【無料】電話営業のない引越し見積もり


suumoの引越し見積もりなら電話登録がない為、みんなの嫌いなしつこい営業電話なく、引越し見積もりを受ける事が出来ます。
メールのみで引越し見積もりをとる事が出来るので、料金だけを確認するだけでもokです。【キャンセル可能】
suumoの引越し見積もりは以下からどうぞ。
スーモ引越し
【無料】営業電話のない引越し見積もりはこちら
【無料】引越し料金が55%オフ
引越し達人セレクトならたった30秒引越し見積もりを取るだけでなんと引越し料金が55%オフ
【キャンセル可能】
引越し達人セレクトの引越し見積もりは以下からどうぞ。
引越し達人
【無料】55%オフ引越し達人セレクトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です